神戸の歴史を繋ぎ再生するオリーブのプロジェクト

“神戸阿利襪園” から“神戸オリーブ園” へ
明治から令和に神戸の歴史を繋ぐ

わたしたちは
●神戸オリーブ園の再興
●市民と一体となった農業
●オリーブを核とする神戸ブランドの創出
●オリーブを生活に取り入れたライフスタイルの提案
等の活動を行っています

神戸オリーブ園の再興

明治期に神戸市街地に存在した‘神戸オリーブ園’は、明治41年に完全に幕を下ろしました。
それからおよそ100年の間、市民からその存在を忘れられました。
今世紀になって研究者により園の詳細が解明され、それを機に神戸のいたるところで様々なオリーブの活動が生まれました。
それらの市民活動の拡がりの延長線上に、押部谷の果樹生産者が2018年に200本のオリーブを植樹し、2021年にもさらに200本のオリーブを植えます。
私たちは国内におけるオリーブ発祥の地と言う史実に恥じないように神戸オリーブ園の再興を推進します。

市民と一体となった農業

現在の日本の農業は高齢化や後継者不足の問題、耕作放棄地や遊休地の拡大等の諸問題をかかえています。
また一般市民の間では、食文化への興味の高まりとともに、新鮮で安全・安心な農産物の確保のほか、世界的な食糧不足の中での食糧問題に伴い農業の大切さが再認識されてきました。そして澄んだ空気のなかで土に触れ、食べる物の生産に関ってみたいという新たな意欲も高まっています。
わたしたちは、オリーブを通して消費者と生産者の架け橋になりたいと思っています。
そして両者のかかえる問題を解決し、希望を叶えるお手伝いがしたいと思っています。

オリーブを核とする神戸ブランドの創出

明治15年神戸で、日本で初めてオリーブオイルが搾られ、オリーブの塩漬けが作られました。
これが、神戸が日本におけるオリーブの発祥地と言われる所以です。
神戸で最初の“神戸ブランド”が“オリーブオイル”と言えるかもしれませんね。
21世紀に蘇った神戸オリーブ園では、海外や小豆島等国内のオリーブ生産における先輩を見習いつつ、神戸のイメージをエッセンスに加え、これから様々なオリーブの商品を生み出していきます。

オリーブを取り入れたライフスタイルの提案

加熱せずに作られるオリーブオイルは、実から搾られ、フレッシュジュースに例えられる健康食品だと言うことはご存じですね。
さらにオリーブは、実だけでなく葉、枝、ポマス(搾りかす)に至るまで、すべての部位が利用できるとても有用な果樹なんです。
私たちはオリーブを利用し、食だけでなく衣や住においても研究を重ね、さまざまな提案を行ってまいります。
そして人々の生活を豊かにする健康的でスタイリッシュなオリーブのライフスタイルを、神戸から発信していきたいと思っています。

2018年3月3日オリーブ植樹式(押部谷)
2018年3月3日オリーブ植樹式(押部谷)
2019年11月10日オリーブ祭り
(押部谷)
2019年11月10日オリーブまつり(押部谷)
神戸オリーブの商品

理事長あいさつ

特定非営利活動法人 理事長 中村直彦
特定非営利活動法人神戸オリーブ園
理事長 中村直彦

神戸はわが国のオリーブ発祥の地。明治時代にわが国で初めて国営のオリーブ園が造られ、オリーブオイルの搾油にも成功しました。  
そこで、明治12年に設置された国営の『神戸阿利襪(おりーぶ)園』を復活する想いのもとに、都市と農村が交流・連携する中で、市民参加によってオリーブの栽培を通じて、農業者の高齢化や耕作放棄地などの地域で抱える農業の諸問題の解決を図り、地域農業を再生・復興し、オリーブの新たな神戸ブランドを創出して食文化・生活の多様化・高度化に寄与し、さらに私たちの生活の中に「オリーブ文化」を創造して「オリーブの愉しみ方、オリーブのある新しいライフスタイル」を提案・発信する活動を行います。

この活動は、未来の農業に新しい価値を創造し、持続可能な農業に発展させることへの挑戦として進めるものであります。

特定非営利活動法人神戸オリーブ園
理事長 中村直彦